スマートフォン用の表示で見る

キョロ充

一般

キョロ充

きょろじゅう

大学生の生態の1つ。常に人の目を気にしながらも自分にはリア充グループの一員であるというアイデンティティに支えられ、大学生活が充実していると感じている人間。

特徴

キョロ充の特徴として、学校の教室や食堂などで、自分の知り合いや顔見知りがいないかどうか、キョロキョロと常にあたりを見回すような行動が見られる。1人で学食を食べることはこの上ない恥だと感じており、そんな自分を誰か知り合いに見られはしないかと、強い恐怖心や強迫観念を抱いている。

一応リア充グループに属してはいるが、そのポジションは最下層に位置する。別名金魚の糞。また、キョロ充には大学デビューが多いとの報告がある。

キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ <ダレカイナイカナー

Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)<アレ?置いて行かれた?

言動パターン

  • コミュニケーション能力が無いため講義やゼミでの発言は皆無
  • にも関わらず「うぇいw」「まじかー」等、猿でも出来る合図を出し合うことがコミュニケーション能力だと信じている
  • 平常的なテンションがバラエティ番組の若手芸人並で常にMAX
  • 「マジあちーwwww」とか言いながら教室の冷房を最低温度まで下げる
  • 自分と違う者はとりあえず叩くような言動が見られるが、その者がひとたび他人から賞賛されると、そちらの勢力に全力で巻かれる
  • 大学に入ってからジョジョエヴァなどを初めて見て「マジ半端ない」と発言
  • 教室の講義では、2人分席を確保しておく
  • 学生証と現在の容姿とのギャップがすごい

キョロ充の1日

7:00起床してすぐさまmixiのチェック。当たり触りのないコメント残すことに1時間かける
9:30メールで駅で待ち合わせしてたキョロ仲間と大学へ。電車の中ではサークルのリア充達の動向の話題で盛り上がる
10:20講義室手前で友人と別れる
10:30いつものメンバーが来ないことに焦る。別の友人にメール送るも返事が来ない。「確かお前今暇だべ?ちょっと俺の講義につきあったりしない??」
10:40結局一人で講義を受けることに。もちろん下向いて携帯いじってるだけ
12:00友人と学食で落ち合う。講義に来なかったことをちょっと非難
13:00講義。大勢のサークル仲間と意気揚々として入室。後ろの席に集団で陣取る。夏の予定についてリア充達と盛り上がる。何か漲ってくる。周りのぼっち達に優越感
14:30再び学食。空気を読んで本日二度目の昼食
15:30講義があるも、空気を読んでリア充達の語らいに付き合う
16:30リア充「今日飲みいかね?」→「うぇーい!!」駅から一緒に帰るつもりだった友人との約束はなかったことにする
18:00飲み会でリア充と気になる子が仲良くしてて欝。テンションも下がって帰りたくなる
21:00お持ち帰りしてるリア充を尻目に家路につく。電車の中で携帯小説読む
22:00帰って2ch憂さ晴らし。ひたすらぼっちを煽る。mixiで気になる子のログインチェック
23:00明日は誰と講義受けるかきちんと確かめた上で寝床に着く
キョロ充にありがちなこと

定義

一人になれないのがキョロ充

一人にもなれるのがリア充

一人にならざるをえないのがぼっち

リア充との違い

  • リア充自由気ままにしている内に、いつしか同じような価値観を持った仲間が集う。
  • キョロ充→必死で周りに合わせているにもかかわらず、仮初めの仲間しかできない。
  • キョロ充→うはwww俺友達大杉wwこんだけ目立っているから女子も俺見てるよなwwww俺リア充杉wwwwww
  • リア充→休み時間いっつも俺んとこくんなよキョロめ、オタクの方がましだ、早く授業なれよ…
  • オタク→俺一人ぼっち…リア充死ねよ爆発しろ…あのテンションやめろうっとうしい…帰ったら2ちゃんやるか…
  • リア充→適当にやってるように見えるがなんだかんだで単位取る
  • キョロ充リア充に合わせて授業をサボるので単位取れず

リア充から見た各キャラの位置づけ図

リア充>>ヲタ>>>>スイーツ(笑)>>>>DQN>>>[越えられない壁]>>>>キョロ充

意外なことに、リア充ヲタクのことを尊敬しているらしい。ベクトルこそ違えど、自分の軸があり、周りの顔色伺わずに自分の好きなことに夢中になる性質は実は極めてリア充に近いためとのこと。一方で、いつも周りに同調して自分を持たないキョロ充のことを「群れなければ何もできないクズ」と心底見下している。

そんなキョロ充に「キョロ充は生きるの疲れるだろうな」「無理しないで自分大事にしたらいいのにな」などと同情する声もきかれる。