キリシタン洞窟

地理

キリシタン洞窟

きりしたんどうくつ

若松島南部にある奥行き50メートル・高さ幅5メートル程の洞窟。

明治時代キリシタンが逃れていた地でもあるが発見され拷問された地でもあり地元では有名な場所。

国土交通省島の宝100景が「キリシタン湾洞」という名称で選定している。