スマートフォン用の表示で見る

キルヒホッフの法則

サイエンス

キルヒホッフの法則

きるひほっふのほうそく

Kirchhoffsches Strahlungsgesetz

キルヒホッフの法則とは、複雑な電気回路における電流の分布を解明するための計算方法に関する法則。

1845年に物理学者であるグスタフ・キルヒホッフが確立し、定式化した。

オームの法則を拡張したものと考えることができ、第1法則と第2法則からなる。

第1法則

回路中の任意の1点に流入する電流の代数和は零である。

I₁+I₂+…+In=0

第2法則

回路中の任意の閉回路において、その回路中にある起電力の代数和は、その回路に沿って各部に発生する抵抗の電圧降下の代数和に等しい。

E₁+E₂+…+En=I₁R₁+I₂R₂+…+InRn