ギー・ド・モーパッサン

読書

ギー・ド・モーパッサン

ぎーどもーぱっさん

1850年8月5日-1893年7月6日

フランス詩人小説家劇作家

ノルマンディ出身。母親の友人フローベールに師事し、文学を志した。普仏戦争で軍役に就いた後、役人生活の傍ら小説を執筆。1880年、「脂肪の塊」を発表し、世に認められた。「女の一生」(1883年)、「死のごとく強し」(1889年)など約10年の間に多くの作品を発表。1891年頃から精神を病み、1893年に死去。