ギザ十

一般

ギザ十

ぎざじゅう

昭和26(1951)年から昭和33(1958)年まで発行された十円硬貨の俗称。

表裏のデザインは今と変わらないが、周縁に132個の刻みがある。その縁がギザギザしていることからギザ十と呼ばれる。

昭和33年ギザ十は発行数が2500万枚と少なく、希少価値があることから注目を集めている。


年号年代発行枚数
昭和26年1951年101,068,000枚
昭和27年1952年486,632,000枚
昭和28年1953年466,300,000枚
昭和29年1954年520,900,000枚
昭和30年1955年123,100,000枚
昭和31年1956年未発行
昭和32年1957年50,000,000枚
昭和33年1958年25,000,000枚