クエーサー

遠方にあって、恒星ではありえない巨大なエネルギーを発生している天体銀河中心の巨大ブラックホールがに物質が落ち込む様だと考えられている。

クエーサーは「星のように見える天体」の意味。準星とも呼ばれる。見つかった当初、明らかに異常な振る舞いをするのに、写真上では点に映り、星のようなのでこのように名づけられた。実際には非常に遠距離*1にあるため、点のように見えるだけ。


リスト::天文学

*1:一番近いもので8億光年