クォリファイングトーナメント

クォリファイングトーナメント

(スポーツ)
くぉりふぁいんぐとーなめんと

クォリファイングトーナメント (略称:QT)は、ゴルフトーナメントにおいて、翌年度のツアートーナメントへの出場ライセンスを取得するためのトーナメント。
日本ゴルフツアー機構、日本女子プロゴルフ協会ともに、年1回行われる。トーナメントは4ステージから成り、ファーストQT、セカンドQT、サードQT、ファイナルQTとして、ストローク・プレーで実施する。

日本ゴルフツアー機構開催概要

1999年から開催されており、ツアートーナメント・AbemaTVツアー(チャレンジトーナメント)に出場する為の資格を獲得できる唯一の予選会。
プロ、アマチュアを問わず、トーナメントを目指す全選手へチャンスがあり、成績に準じた出場ランキング(ツアーメンバー資格者)を決定する。
セカンドQT以上のステージに参加した選手(アマチュアを除く)にはツアー・AbemaTVツアー(チャレンジトーナメント)の予選会への出場権利または主催者推薦選手として選出されうる条件の1つとなり、出場資格ランキングの順位により、より多くのトーナメントへの出場機会を獲得することができる。

ファーストステージ

出場資格には、高校又は大学のゴルフ部在籍経験者、日本ゴルフ協会ハンディキャップ3.0以内の者等の資格があり、多くの選手が出場できるように門戸が解放されている。

セカンドステージ

約1,100名を超える参加者がいて、QTの中で最も多くの受験者が出場するステージ。
ツアープレーヤーとなる選手達が厳しい戦いを勝ち抜き、約300名を超える選手がサードステージに進出する。

サードステージ

過去5年間のツアートーナメント優勝者又は賞金ランキングシード権等の保持者等も参加し、約600名の選手で開催される。実績のある選手と若い勢いのある選手が、ファイナルQTに進出するため上位を目指す。

ファイナルステージ

本年度のQT通過者とツアートーナメントでの1年間の出場資格(シード権)を喪失した選手等で来季の出場権を賭けて約200名で開催される。ファイナルQT決勝進出者(上位90位タイの者まで)が翌年度の「ツアーメンバー」として登録される。

新着ブログ: クォリファイングトーナメント