クトゥブ・ミナール

一般

クトゥブ・ミナール

くとぅぶみなーる

(Qutub Minar, ヒンディー: क़ुतुब मीनार)

インドのデリーにある世界最高のミナレット。1200年ごろに奴隷王朝の建国者であるクトゥブッディーン・アイバクによって、クワットゥル・イスラームモスクに付属して建てられた。ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっている。おそらくヒンドゥー教ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたものであり、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されている。