クムラン教団

読書

クムラン教団

くむらんきょうだん

BC3C〜AD1Cにユダヤ教宗派としてサドカイ派・パリサイ派と並ぶエッセネ派に属したマイナーなユダヤ教教団。死海文書をクムランの洞窟に隠した、あるいは作成した可能性があると考えられている。水浴を行い、『光の子と闇の子らの戦いの記』など独特の教義・信仰を行った。洗礼者ヨハネをこのグループの一員と考える説もある。