クラーク空軍基地

地理

クラーク空軍基地

くらーくくうぐんきち

(Clark Air Base)

フィリピン共和国ルソン島のパンパンガ州アンヘレスの北西部、首都マニラの北西約60kmの地点にあったアメリカ空軍の基地。基地名は1919年パナマ運河近くで水上機の事故で亡くなったハロルド・M・クラーク少佐の名からとられた。