クラインの4元群

一般

クラインの4元群

くらいんのよんげんぐん

 群論における、位数4の群。イメージとしては、同一軌道を回る3個の惑星に対し、太陽がその中心上を上に、立体的に位置するというのがよい。なお、クロード・レヴィー・ストロースが、某民族の婚姻形態を、数学者アンドレ・ヴェイユの支援のもと解明した際、使われたのがこの「クラインの4元群」である。