スマートフォン用の表示で見る

クラウディウス

一般

クラウディウス

くらうでぃうす

Claudius、古代ローマの家門?名。

クラウディウス一門はローマ史上最後にパトリキ(貴族)に加えられた、サビニ人の大氏族である。

Claudiusと綴るのは当人がパトリキである場合のみで、平民である場合にはクロディウス?(Clodius)と転訛する。

因に「ネロ(nero)」とはサビニ語で「勇敢な」を意味する言葉で、取分けこの一門の男子の名前に挙って付けられている。

リスト::「クラウディウス(クロディウス、クラウディア、クロディア)」の名で呼ばれる人物

このキーワード編集待ちキーワードです。説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。

クラウディウス(クロディウス、クラウディア、クロディア)」の名で呼ばれるローマ

Appius Claudius Caecus、紀元前340年 - 前273年。二つ名のカエクスは、「盲目」の意

Tiberius Claudius Nero Caesar Drusus、紀元前10年8月1日 - 後54年10月13日。アントニウスの孫でありアウグストゥスの妻リウィアの孫。皇帝ティベリウスの弟大ドルススの息子でゲルマニクスの弟。皇帝カリグラと小アグリッピナの伯父。

ローマ皇帝。在位268年-270年。クラウディウス2世とも。伝承では、司祭ウァレンティヌスを269年2月14日に処刑させている。

クラウディウス(クロディウス、クラウディア、クロディア)」の名で呼ばれるヨーロッパ

クラウディウス(クロディウス、クラウディア、クロディア)」の名で呼ばれる架空の人物

目次