クランク・ゼント

アニメ

クランク・ゼント

くらんくぜんと

アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するキャラクター。担当声優間宮康弘

ギャラルホルン火星支部に所属する老練な士官。階級は二尉。グレイズパイロット火星出身として差別されているアイン・ダルトンにも唯一対等に接する人格者

火星の民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ」(CGS)襲撃作戦で、アインらとともに出撃、戦っているのが罪のない少年兵たちと知り苦悩する。その後、火星支部長コーラル・コンラッドの命令に背き、クーデリア・藍那・バーンスタインの身柄を賭けて三日月・オーガスの駆るガンダム・バルバトスと一対一の決闘を挑むが、戦いに敗れて瀕死の重傷を負い、三日月に介錯を頼んで射殺される。クランクの死によって、アインは三日月ら鉄華団への復讐を誓うこととなる。

乗機としていたグレイズ鉄華団が鹵獲、後にグレイズ改グレイズ改弐流星号)へと改修されていく。クランクの遺品でもある機体が姿を変えていくことに、鉄華団と戦闘で対峙するたびアインは怒りをみせていた。