スマートフォン用の表示で見る

クリスチーネ剛田

マンガ

クリスチーネ剛田

くりすちーねごうだ

ドラえもん」の登場人物、ジャイ子ジャイアンの妹)の漫画家としてのペンネーム

VCD ジャイ子(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)

VCD ジャイ子(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)

ギャグ漫画家を目指していたが、正統派の少女漫画へと転向。

漫画家を目指していた当初は、のび太に「こんなへたくそ、みたことない」スネ夫に「ひっでえまんが!!」などと酷評されたり、新人賞に落選し続けたり、描いた作品はどれも人気漫画の真似ばかりといった有様であった。

しかし、悩みや葛藤、自己批判を繰り返すうちに、「愛・フォルテシモ」で作中随一の漫画愛好家であるのび太を唸らせ「感動したよ」「新人賞の見込みがある」とまで言わせたり、自費出版した「虹のビオレッタ」を目に止めた漫画コレクターが「この作者は、今に有名になるかもね」とのコメントを残したりと、漫画家としても人間としても、急成長を遂げている。

隣町の茂手もて夫という漫画仲間の友人(ボーイフレンド)と、同人誌を作ったりもしている。

作品

  • ジャイ子さん(24巻)
  • ショコラでトレビアン(29巻)
  • アンコロモナストーリーズ(29巻)
  • 日出処は天気(29巻)
  • ペロペロキャンディキャンディ(29巻)
  • フォルテシモ(37巻)
  • 虹のビオレッタ(39巻)
  • お兄ちゃん(44巻)

括弧内はその作品が登場したてんとう虫コミックスドラえもん」の巻。