クリスティアン・ポウルセン

スポーツ

クリスティアン・ポウルセン

くりすてぃあんぽうるせん

Christian Poulsen

デンマーク代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Christian Bjørnshøj Poulsen (クリスティアン・ビョルンショイ・ポウルセン

生年月日 : 1980年2月28日

出身地 : Asnæs, Denmark (アスネス?デンマーク

身長・体重 : 182cm・79kg

ポジション : ミッドフィールダー

所属クラブ

2000〜02 : FCコペンハーゲン

2002〜06 : FCシャルケ04ドイツ

2006〜08 : セビージャFCスペイン

2008〜10 : ユヴェントスFCイタリア

2010〜11 : リヴァプールFCイングランド

2011〜12 : エヴィアン・トノン・ガイヤールFCフランス)  ※2011年8月31日に移籍

2012〜 : AFCアヤックスオランダ

プレースタイル、経歴など

豊富な運動量を誇り、相手選手に対する執拗なマークや激しいチャージが持ち味で、攻守にバランスが取れたミッドフィールダーディフェンシブハーフ)。

2001年11月にU-21代表からフル代表に昇格し、2001年11月10日のコペンハーゲンで行われ 1-1 で引き分けたオランダ戦でデビュー。2002年FIFAワールドカップ・2004年UEFA欧州選手権・2010年FIFAワールドカップで3試合ずつ出場している。

ホルバクB&I?で才能をFCコペンハーゲンに見い出され、FCコペンハーゲンではすぐに実力を発揮。チームの2001年デンマークリーグ制覇に貢献。その活躍が認められ、2002年の夏、約4億6,000万円でブンデスリーガFCシャルケ04へ移籍した。その後は1〜2年周期で各国のクラブを渡り歩いている。


リスト::サッカー選手