スマートフォン用の表示で見る

クリスマスリース

一般

クリスマスリース

くりすますりーす

クリスマスとは、イエス・キリストキリストの降誕|降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日。

12月25日。英語の Christmas の語源は、「キリストのミサ」(Christ + mas)。

クリスマスリースの由来については諸説あるが、基本的には魔よけとしての意味合いが濃い。

葉に殺菌・抗菌作用のある常緑樹・針葉樹を玄関や入り口に飾り、魔よけや豊作を願って玄関を飾る。

現在でも実際リースに使用される樹木はモミの木やキリストの受難を表す柊(ひいらぎ)などの魔よけや宗教的意味合いの強いものと、麦の穂、ブドウの蔓、松ぼっくり、リンゴなどの作物に関係するものがある。

最近ではプリザーブドフラワーを使用したクリスマスリースが人気。