クリナメン

エピキュロス(BC342〜BC271)によって創案された物質の生成運動論。

レウキッポスに始まり、デモクリトスによって発展された原子論的唯物論の不完全さを、

この「斜傾運動」という不規則な横断現象によって補足した。