スマートフォン用の表示で見る

クリムゾン・タイド

映画

クリムゾン・タイド

くりむぞんたいど

映画『クリムゾン・タイド』 1995年アメリカ映画

内容紹介

Amazon.co.jp

ロシア愛国派がシベリア核ミサイル基地を占拠したことを知ったアメリカは、原子力潜水艦アラバマ太平洋上に出港させる。やがて米軍核ミサイル発射をめぐって、たたきあげラムジー艦長ジーン・ハックマン)とエリート副艦長ハンター(デンゼル・ワシントン)の間で対立。艦内は二派に分かれての暴動が起きる。

ジェリー・ブラッカイマー製作、トニー・スコット監督の黄金コンビが放つ核戦争危機をめぐるポリティカル・サスペンス映画。潜水艦映画に駄作なしのジンクス通り、今回も閉塞空間(といってもジョギングができるほどの広さ!)にて男と男の確執と闘いが、手に汗握る緊迫感で繰り広げられていき、それは映画的美しさへと昇華されていく素晴らしさ。設定的には悪役ながらもベテランの貫禄で、ジーン・ハックマンが指折りの演技派デンゼル・ワシントンを完全にくってしまっているあたりも興味深い。(的田也寸志

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

トップガン』のドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー製作、トニー・スコット監督によるポリティカルサスペンス。クーデターが勃発し第三次世界大戦の危機が迫った米海軍の2人の指揮官が対立する姿を描く。

Amazon.co.jp:クリムゾン・タイド レビュー