スマートフォン用の表示で見る

クリュセ・ガード・セキュリティ

アニメ

クリュセ・ガード・セキュリティ

くりゅせがーどせきゅりてぃ

アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場する組織。

火星にある民間警備会社。略称はCGS。社長はマルバ・アーケイ。他に社員にトド・ミルコネンナディ・雪之丞・カッサパがいる。

傘下の「参番組」には、もともと孤児やヒューマンデブリの少年兵達が所属しており、その多くはCGSの大人たちから、非人道的な、旧世代の有機デバイスシステムである「阿頼耶識システム」を埋め込む手術を受けている。

地球の統治から火星都市クリュセを独立させようと活動している少女、クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受けるが、反乱の芽を摘み取ろうとする武力組織「ギャラルホルン」に襲撃される。CGSの大人たちは少年たちを囮にして撤退を始めてしまうが、参番組の少年兵たちのリーダー、オルガ・イツカはこれを機に自分たちを虐げてきた大人たちに反旗を翻し、クーデターを決行。オルガにギャラルホルンの撃退を託された三日月・オーガスは、CGSの動力炉として使用されていた「厄祭戦」時代のモビルスーツガンダム・バルバトスに乗り込み、ギャラルホルンの撃退に成功する。基地を掌握した少年兵たちは新たに「鉄華団」を結成した。鉄華団はクーデリアの護衛依頼を引き継ぎ、強襲装甲艦イサリビ火星を出立、地球を目指す。