スマートフォン用の表示で見る

クレイグ・ビジオ

スポーツ

クレイグ・ビジオ

くれいぐびじお

Craig Alan Biggio

MLB選手。通称「Killer B」。

右投右打、ポジションは捕手二塁手背番号は7番。


1965年12月14日生まれ。米国ニューヨーク州出身。

シートン・ホール大学から1987年ドラフト1位でヒューストン・アストロズに入団。

1988年、メジャー昇格。同年、正捕手として定着。

1991年二塁手に転向。

2003年には外野手の守備位置にもついた。

2005年、ナ・リーグ優勝に大きく貢献。

生え抜き、攻守巧打の二塁手として1990年代、2000年代のアストロズを支えた。

また、死球も多く、通算285死球の記録を保持。*1

2007年、通算3000本安打達成。同年、現役引退。

2008年、アストロズの球団GM補佐に就任。

実働20年間で通算2850試合出場。通算3060安打、291本塁打、1175打点を記録。オールスターゲーム出場7回。


背番号7番は、引退後誰も着用しておらず、アストロズ準永久欠番となっている。

*1:ヒューイー・ジェニングス?に次ぐ歴代2位。非常に怪我に強い事でも知られ、故障者リストに入ったのは1度のみである。