クレイステネス

社会

クレイステネス

くれいすてねす

紀元前508年の、氏族制を廃止し、オストラシズムを創始したアテネ民主化のリーダー。腐敗した暴君たち;僭主政・貴族政の再現を阻止し、血縁で優位な4部族制を廃して行政軍事の基礎を地域単位の「地縁社会」化(→よって「デモ+クラシー」化)し、民主政の基礎を確立した。