スマートフォン用の表示で見る

クレティアン・ド・トロワ

読書

クレティアン・ド・トロワ

くれてぃあんどとろわ

トルヴェール吟遊詩人)として評判を博したフランスの韻文物語作家。12世紀後半のフランスの詩人で、騎士道物語(ロマンス)をうたう。

彼は1160年から1181年までの間、シャンパーニュアンリ1世の夫人でエレアノール・ダキテーヌの娘、マリー・ド・シャンパーニュのパトロネージを受けて宮廷に仕えたという情報は残っているが、それ以外に彼の生涯に関してはほとんど情報がなく、フランス北部トロワ(Troyes)の出身か、少なくともトロワになんらかの親しい関係があると見られている。