スマートフォン用の表示で見る

クレメンス8世

読書

クレメンス8世

くれめんすはっせい

在位:1592年-1605年。この時代の教皇としては珍しく、聖職者としても政治家としても優れた人物として評価されているが、ジョルダーノ・ブルーノベアトリーチェ・チェンチとその家族の処刑を許したことなどは失政といえる。