クロード・シュヴァレー

サイエンス

クロード・シュヴァレー

くろーどしゅう゛ぁれー

Claude Chevalley

数学者 (1909年1984年)

1929年エコール・ノルマル卒業。初期ブルバキのメンバーの一人。卒業後、ドイツハンブルグアルティンのもとで、修行。そこで、日本を代表する数学者彌永昌吉氏と知り合う。代数学トポロジー整数論単純群のシリーズであるシュヴァレー群の発見、A.ヴェイユとともにアデールとイデールの理論の創始。リー群論、等質空間のコホモロジー理論など業績も多い。AMS Cole Prizeを1941年に受賞。

著作

  • Theory of Lie Groups(1946, 1951 and 1955)
  • The algebraic theory of spinors (1954)
  • Class field theory (1954)
  • Fundamental concepts of algebra (1956)
  • Foundations of algebraic geometry (1958)

* リスト::学者::自然科学

* リスト::数学関連