スマートフォン用の表示で見る

クローン病

サイエンス

クローン病

くろーんびょう

病気・病名。

消化器官に炎症・潰瘍が発生する原因不明の疾患。小腸に好発する。若年層に多い病気。

略称はCD。

概要

原因
原因不明の非特異性腸炎で、感染や自己免疫異常などが想定されている。主に10〜20歳代の若年に好発する。
症状
腹痛・下痢貧血・発熱・肛門病変(痔ろう等)などの初発症状で来院することが多い。潰瘍性大腸炎と同様の腸管外症状を呈する場合があるので、鑑別を要する。
診断
潰瘍性大腸炎と異なり、病巣が飛び石病変(skip lesion)として大腸だけでなく、口から肛門まで消化管のあらゆる部位に分節状にあらわれる。好発部位は回盲部(回腸の末端部)で、炎症部位は腸壁全層に及ぶ。
のちに瘢痕を残すため、腸が硬くなり、ゴムホース状に細くなる為、通過障害が発生します。若年層に好発しやすいので、特に10代から20代の人は覚えておきましょう。