クワガタと少年

読書

クワガタと少年

くわがたとしょうねん

大村あつしの小説『エブリリトルシング』(ゴマブックス、2007/5)の第一話として収録された作品。

2007年1月下旬に大村あつしホームページで無料公開されるやいなや、多くのブログメルマガで紹介されるなど、大きな反響を呼んだ。

3,000円の「普通のちゃんとした」6本足のクワガタを買えるお金を持っているのに、なぜか、300円の「普通ではないちゃんとしていない」5本足のクワガタを買い求めようとする少年と店員のやり取りは秀逸。彼らの会話の中に「人間として本当に大切な何か」を見つけた読者の感涙を誘い、ネットだけでなく、朗読会、会社の朝礼などでもこの物語が紹介されるなど、多くの人の心を捕らえている。

2007年5月現在、下記のアドレスで無料で読むことができる。

クワガタと少年」

http://www.fushicho.com/kuwagata/