クンバカ

一般

クンバカ

くんばか

本来はヨガ呼吸法・修練法の一つ。息を吸い込んだあと、一時的に呼吸を止める。

もっぱら有名なのはオウム真理教が「水中クンバカ」と称して修行を行ったことがきっかけであり、その後江頭2:50がテレビ番組でそれをやって一般にもそれなりに知られるようになった。