グアダルキビル川

地理

グアダルキビル川

ぐあだるきびるがわ

(Guadalquivir)

イベリア半島南部,メセタとベティカ山脈の間の構造谷を北東から南西にアンダルシア地方を流下する川。川名アラビア語起源で大河の意。全長657km,流域面積5万7000km2。ポソ・イ・カソルラ山地(ハエン県)に源を発し,カディス県のサンルカル・デ・バラメダで大西洋に入る。グアディアナ・メノル,グアダホス,ヘニル,グアダイラなどシエラ・ネバダ山脈に源を発する川やグアダリマル川などの支流をもち,セビリャ近くまでほぼ東西に流れる中流域では,しばしば細かく曲流して第三紀沖積層を深くうがっており,下流域のデルタ,沼沢地ラス・マリスマスと対照的な景観を示している。