スマートフォン用の表示で見る

グスタフ・マーラー

音楽

グスタフ・マーラー

ぐすたふまーらー

Gustav Mahler

オーストリア作曲家指揮者

1860年7月7日、生まれ。1911年5月18日、死去。

独特の世界観を(時として合唱、声楽を伴う)大管弦楽で表現した。グスタフ・クリムトオスカー・ココシュカエゴン・シーレ(画家)、オットー・ワーグナー建築家)らと共に、世紀末ウィーンを代表する芸術家として評価されている。またウィーン宮廷歌劇場芸術監督、ニューヨーク・フィルハーモニック主席指揮者などを歴任するなど、生前は指揮者としても有名であり、作曲家として毎年夏に書いているだけであった。

略歴

1860年7月7日、カリシュテ生まれ。14人兄弟の2番目

1866年:小学校入学

1869年ギムナジウム入学ヨハネス・ブロッシュにピアノのレッスン始める

1872年ギムナジウムの式典ホールでピアノ演奏

1873年:オーストリア皇女の結婚式でピアノ演奏

1875年ウィーン音楽院入学

1876年ウィーン音楽院ピアノ演奏で一等賞.作曲で一等賞.ピアノ四重奏曲イ短調第1楽章作曲. 

1877年ブルックナー交響曲第3番,4手ピアノ編曲着手(ルードルフ・クルシシャノフスキーと共作).「ワーグナー協会」に入会.

1878年:作曲で一等賞を得てウィーン音楽院卒業.ウィーン大学ではブルックナーに和声法・対位法を,ハンスリックに芸術史を学ぶ.

1879年ウィーン大学を中退.イーグラウ郵便局員の娘ジョゼフィーネ・ポイスルに恋する.

1881年リュブリャナ(ライバッハ)州立歌劇場常任指揮者 就任

1882年:若き日の歌 完成.ライバッハフィルハーモニー協会コンサートにピアノソリストとして出演.

1883年カッセル王立歌劇場音楽監督(第2指揮者)就任.

1884年:交響曲第1番 スケッチに着手

1885年プラハ ドイツ歌劇場 第2常任指揮者就任.

1886年ライプチヒ市立歌劇場 第2常任指揮者就任.ニキシュの助手(次席楽長)

1888年:ブタペスト ハンガリー王立歌劇場音楽監督 就任.交響曲第1番 完成.交響曲第2番 着手

1891年:ハンブルク市立 歌劇場主席指揮者 就任.

1894年交響曲第2番 完成

1896年交響曲第3番 完成

1897年ウィーン宮廷歌劇場芸術監督 就任.ユダヤ教からカトリックに改宗.

1898年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団指揮者 就任.

1900年交響曲第4番 完成

1902年:交響曲第5番 完成.アルマ・シントラーと結婚.長女マリア・アンナ誕生.

1904年:交響曲第6番 完成.次女アンナ・ユスティアーナ誕生.

1905年:交響曲第7番 完成

1907年:交響曲第8番 完成.ウィーン宮廷歌劇場 芸術監督辞任.ニューヨークメトロポリタン歌劇場指揮者 就任.

1908年大地の歌 完成.

1909年ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団主席指揮者就任

1910年交響曲第9番 完成.アルマとの関係が悪化(不貞発覚).フロイトの診断を受ける.体調悪化.

1911年:心内膜炎を患い体調悪化.治療のためニューヨークからパリへ,パリからウィーンサナトリウムへ,ウィーンにて逝去.娘マリア・アンナの墓*1の隣に埋葬された.

主な作品

*1ウィーン郊外グリンツィング墓地