グスタフ・レオンハルト

グスタフ・レオンハルト

(音楽)
ぐすたふれおんはると

Gustav Leonhardt (1928-2012)
 オランダの鍵盤楽器奏者、指揮者、音楽学者。古楽の隆盛に主導的役割を果たした大家の一人。
 バーゼルでチェンバロとオルガンを学ぶ。1950年チェンバロ奏者としてデビューし、古楽器アンサルブルのレオンハルト・コンソートを組織。ウィーン国立音楽院、アムステルダム音楽院の教授を歴任。ルネサンス、バロック期の鍵盤音楽の研究でも精緻な考証を展開している。
 1968年にジャン=マリー・ストローブとダニエル・ユイレの映画『アンナ・マクダレーナ・バッハの年代記』(劇場公開題『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』)でヨーハン・ゼバスティアン・バッハに扮した。同作にはニコラウス・アーノンクールも出演している。

新着ブログ: グスタフ・レオンハルト