グラールス

地理

グラールス

ぐらーるす

(Glarus)

スイスのグラールス州の基礎自治体オルツゲマインデ) で同州の州都。リント川に面し、グレールニッシュの丘陵のふもとに位置する。人口は約5千8百人。1861年に大火に遭ったため、それ以前の建築物は少ない。林業、繊維、プラスチック、印刷が主要な産業。ネオ・ロマネスク様式の教会がシンボルである。