グラス・ハープ

音楽

グラス・ハープ

ぐらすはーぷ

ワイングラスのような足付きグラスの縁を、水で濡らした指で擦って鳴らす楽器。大小さまざまなグラスを並べて、中に入れる水の分量を調整して音程を整える。
後に科学者政治家ベンジャミン・フランクリン(凧を使った雷実験で有名)が、事前準備が不要な楽器「アルモニカ」へと発展させた。