グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェとアルバイシン

地理

グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェとアルバイシン

ぐらなだのあるはんぶらへねらりーふぇとあるばいしん

(英名:Alhambra, Generalife and Albayzin, Granada、仏名:Alhambra, Generalife et Albaicin, Grenade)

1984年に登録、1994年に登録内容が変更された世界遺産文化遺産)。グラナダはスペイン南部・アンダルシア州グラナダ県の県都。ここはイベリア半島最後のイスラム王朝であるナスル朝グラナダ王国とも呼ばれる)の王都が置かれていた町である。ここには高度なイスラム技術を持った職人たちが多数住んでおり、王ムハンマド5世が手厚く保護したことから、洗練されたイスラム文化が開花した。その象徴が、アラビア語で「赤い城」を意味する名前を持ったアルハンブラ宮殿である。この宮殿はグラナダイスラム建築の最高傑作といわれている。現在は、王宮、カルロス1世宮殿、アルカサバ、ヘネラリーフェからなり、イスラム建築や芸術はそのまま残され、その美しさを今に伝えている。ヘネラリーフェはナスル朝の王族たちの夏用の離宮として建設されたものである。また、グラナダの旧市街の中でもっとも歴史が古いアルバイシン地区はイスラム教徒のための居住区だったところである。キリスト教徒によるレコンキスタは、1492年のナスル朝の征服により完結し、その後、グラナダにはゴシックルネサンス混合様式の大聖堂や王室礼拝堂などがつくられたが、イスラム文化の融合した独特の景観をつくり出すことになった