スマートフォン用の表示で見る

グラナダ王国

読書

グラナダ王国

ぐらなだおうこく

グラナダ首都とした王国。ナスル朝グラナダ王国を指すことが多い。

後ウマイヤ朝が衰えた11世紀始めにズィール朝の一族がこの地を征服し、1013年にタイファ諸国の1つであるグラナダ王国として独立した。しかし、11世紀にムラービト朝に、12世紀にムワッヒド朝に征服された。1232年、ムハンマド1世がナスル朝グラナダ王国を建国した。ナスル朝グラナダ王国は、イベリア半島における最後のイスラム王朝として約250年間存続し繁栄した。カスティーリャ王国アラゴン王国の連合王国によって1492年1月2日にグラナダ王国は滅亡した。