スマートフォン用の表示で見る

グラフィックカード

コンピュータ

グラフィックカード

ぐらふぃっくかーど

画面出力機能を追加・増強する拡張カードビデオカードともいう。マザーボード上にこの機能を内蔵したものはこのカードを持たないものもある。

2007年現在では、PCI Express(x16)規格に準拠したものが大半である。

かつては、AGPバス・それ以前はPCI・EISAバスに挿すものが主流であった。現在でもAGPPCIに対応したものも販売されてはいるが、現在のGPUはそれ自体がPCI Expressを使うことを想定しており、変換用のチップを別途搭載することで対応しているため、性能差はもちろん、同じGPUを搭載していながらPCI Express版にくらべて若干割高である。

今後は、帯域を二倍に拡張したPCI Express 2.0規格に対応したものへ主流が移ってゆき、GPUの64bit化や、WindowsではDirect X10.1への対応、高解像度高画質高圧縮の画像フォーマットのデコードエンコードサポート等の機能追加、物理演算機能の取り込み等へと進化していくものと思われる。

また、近年ではコンピュータの中でCPUに次いで、そして特定の分野ではCPU以上の処理能力を持つこのグラフィックカードを、グラフィック処理以外でも活用しようという動きも活発である。