グラフェン

炭素の固体は層が積み重なった形状をしているが、この層を一枚だけ抜き出してきたものがグラフェンである。

原子の並び方が蜂の巣と同じハニカム構造をしていて、この構造のため電子の運動が相対論的になる。この性質が電気伝導やその他の特性に反映され、その性質を活かしたデバイスの応用が目指した研究がナノテクノロジーの分野でなされている。

参考:http://en.wikipedia.org/wiki/Graphene