グラントウキョウサウスタワー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

グラントウキョウ サウスタワー

ぐらんとうきょうさうすたわー

グラントウキョウ サウスタワーは、JR東京駅に直結しているビジネスビル。

八重洲口の大規模再開発プロジェクトで作られたビルであり、東京ステーションシティの一角を成す。

ビルデザインは世界的な建築家ヘルムート・ヤーンが手掛けた「光の塔」をデザインコンセプトにしたクリスタルデザイン。

以下、ビル情報

住所:東京都千代田区丸の内1-9-2

構造:鉄骨造(柱:CFT造)、一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート

規模:地上42階、地下4階、塔屋1階

敷地面積:約5,230m2

床面積:約14万m2

駐車場:252台

着工:2004年9月10日

竣工年月:2007年11月

このビルでオフィスを構えているのは、

BMW(1階、21〜22階)

住友信託銀行(5〜18階)

リクルート(23〜41階)

<2009年11月時点>

各社、本社機能移転してきており、本社として居を構えている。