グランドスラム・東京

スポーツ

グランドスラム・東京

ぐらんどすらむとうきょう

国際柔道連盟(IJF)が主催する柔道国際大会。毎年12月に東京体育館で行われる。

前身は1978年にスタートした男子のみの大会「嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会」。

2007年、「福岡国際女子柔道選手権大会」を吸収して、男女とも参加する「嘉納治五郎杯東京国際柔道大会ワールドグランプリ」となった。

2009年からは、柔道のランキング制とIJFグランプリシリーズの導入に伴い、夏季オリンピック世界柔道選手権大会ワールドマスターズに次ぐ位置付けのグランドスラム大会となり、大会の名称も「グランドスラム・東京」に改められた。「グランドスラム・パリ」「グランドスラム・リオデジャネイロ」「グランドスラム・モスクワ」と並ぶグランドスラム4大会の一つ。