グランルーフ

地理

グランルーフ

ぐらんるーふ

グランルーフは、東京駅八重洲中央部にあり、「グラントウキョウノースタワー」と「グラントウキョウサウスタワー」の間をつなぐ施設。

2013年9月20日完成予定。

地上3階、地下3階建てで、開発面積約14,000m²。全体を覆うように、長さ約230mの膜状の大屋根が架かる。

1、2階部分は主に、歩行者空間やペデストリアンデッキとして活用、一部をみどりの窓口高速バスのりば、店舗とする。

2階デッキは、ノースタワー内の百貨店2階フロアおよびサウスタワーの2階オフィスと直結、壁面緑化やドライミスト設置、公衆無線LANサービス提供なども行う。

店舗は鉄道会館が運営し、1-3階に5店、地下1階に10店の計15店舗。地下2、3階は駐車場(約120台分)とする。

駅前広場(2014年秋完成予定)は交通結節点機能の強化、鉄道と二次交通との円滑な乗換、歩行者空間拡充を目的に整備を進めている。駅前の交通広場(約10,700m²)にはバスバースとタクシー上向上を配置し、新たに50台分のタクシープールと、7バース分の一般車乗降場を整備する。広場はシラカシなどで緑化し、灌水として雨水や中水を利用、風車付きのポール照明で風力発電を行う。

外堀通り沿いにはサウスタワー建設時に出土した江戸城外堀の石垣の一部を活用した石垣を整備する。