スマートフォン用の表示で見る

グリベンクラミド

サイエンス

グリベンクラミド

ぐりべんくらみど

スルホニル尿素薬に分類される糖尿病治療薬。インスリン分泌を促進させることによって、血糖降下作用を示す。いわゆるインスリン製剤と異なって経口投与が可能であり、<オイグルコン>などの商品名で錠剤として発売されている。

厚生労働省の発表によると、グリベンクラミドが検出されたいわゆる健康食品が国内で販売されていたため(=薬事法違反)、これらの健康食品による健康被害が発生している疑いがある(参照)。血糖値降下を標榜する健康食品を購入する際には注意が必要だ。もちろん、糖尿病患者が病院等で処方・投与されるグリベンクラミド製剤は、医師等の指導のもとで使用する限り一定の安全性が認められているので、基本的に健康被害を心配する必要はない。