グループB

若若茖

2篁

スポーツ

グループB

ぐるーぷびー

自動車レースにおける競走カテゴリーの一つ。

連続する12か月間に200台以上生産された車両がホモロゲーションの取得対象となる。主戦場はラリーで、改造範囲もグループAなどと比較して広かったところから各メーカーの開発競争を過熱させる一因となった。

しかし、1986年のWRCにおいて大事故が相次いで発生した*1ため、この年限りでカテゴリーとしては廃止された。

*1:決定打となったのは、ツール・ド・コルスにおけるアンリ・トイボネン?の事故死。マグネシウムを多用していたマシンが全焼し、フレームしか残らなかったという

一般

グループB

ぐるーぷびー