グレの歌

音楽

グレの歌

ぐれのうた

グレの歌(Gurre-Lieder)

シェーンベルク声楽オーケストラのための作品。1913年初演。

歌詞は、デンマークの作家イェンス・ペーターヤコブセン詩集サボテンの花開く』の独訳にもとづく。

後期ロマン派の様式で書かれ、初期の作風を集大成した傑作である。

amazon:グレの歌