スマートフォン用の表示で見る

グレイズ改

アニメ

グレイズ改

ぐれいずかい

アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツ

型式番号はEB-06/tc。

ギャラルホルンのオーリス・ステンジャ、クランク・ゼント両名が搭乗していたグレイズ鉄華団が鹵獲・改修し、使用可能なパーツを抜き出して1つの機体に集約した改修機。頭部や肩アーマーは独自品に交換され、特に背部に大型のブースターを装備し、推進力が向上している。一方で、阿頼耶識システムは搭載されていない。武装は通常のグレイズの標準装備に加え、バズーカ砲を肩部にマウントする。

当初は鉄華団の運営資金の足しとして転売される予定だったが、ギャラルホルンとの火星軌低軌道上での戦闘に於いて昭弘・アルトランドが搭乗し、以降は鉄華団の戦力として運用されている。

昭弘がガンダム・グシオンリベイクに乗り換えてからは、テイワズの技術を導入するとともに阿頼耶識システムの搭載を行ったグレイズ改弐流星号)へと再改修され、ノルバ・シノの乗機として運用されている。