スマートフォン用の表示で見る

グレッグ・ラロッカ

スポーツ

グレッグ・ラロッカ

ぐれっぐらろっか

Greg LaRocca

プロ野球選手(一塁手二塁手)。

1972年11月10日生まれ。身長181cm・体重81kg。米国マサチューセッツ州出身。右投右打。


死球の多い選手として有名で、2004年度に24死球(歴代2位)を、2006年度に22死球(歴代4位)を記録した。*1

2007年9月17日のロッテ戦において、清水直行投手から死球を受け、従来の日本記録であった岩本義行選手の24死球を抜くシーズン25死球目を記録した。

*1:歴代順位は、その記録を達成したシーズン終了時当時。