スマートフォン用の表示で見る

ケアワーク

一般

ケアワーク

けあわーく

介護福祉士の仕事をケアワークと呼び、ケアワークをこなす介護福祉士をケアワーカーと呼ぶ。介護福祉士の主な仕事内容は、人間として生きていくうえで必要不可欠な生活上の様々な行動(たとえば、ベッドの上での寝起き、食事、排泄など)が困難な人に対する援助を指す

  • 身体的支援:ベッドの上での寝起き、着脱衣、洗面、食事、排泄、入浴などの行為をすることが困難な人に対する援助。
  • 物的支援:掃除、洗濯、買い物、外出や通院の付き添い、調理など。
  • 精神的支援:訪問や電話による会話、人間関係の調整、相談、助言など。
  • 利用者への関心を示す支援:心配する、励ます、慰める、共感するなど。

国家資格としては、「介護福祉士」があり、国家資格ではないが、資格として「ヘルパー3級〜1級」がある。

関連語:ソーシャルワーク

社会福祉援助には「ケアワーク」「ソーシャルワーク」「保育」の3つがある。