ケタミン

静脈麻酔薬(NMDA受容体拮抗薬)。麻酔作用と強い鎮痛作用を有する。意識の変容(環境からの解離)をもたらすため、ケタミン乱用が流行した時期もある。報道によれば、近日中に、麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬」に指定されることになっている。