スマートフォン用の表示で見る

社会

ケネディ大統領暗殺事件

けねでぃだいとうりょうあんさつじけん

(John F. Kennedy assassination)

1963年11月22日金曜日、現地時間12:30にテキサス州ダラス市で第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが市内をパレード中に銃撃され死亡した事件である。

犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、2日後に警察署管内でジャック・ルビーに撃たれて殺され、裁判の場に立つことはなかった。大統領が後方から撃たれたとする公式見解に反して、前方から撃たれたとする異説も出るなど、事件後も長年にわたって真相についての議論が続いている。白昼に多くの人々が見ている前で起こった衝撃的な銃撃による大統領の死、そして犯人がすぐに殺害される意外な展開、その後に暗殺の動機も背後関係も分からず多くの謎を残したまま捜査が終了したことから、陰謀説も多い事件として半世紀が過ぎた現在でも論議を呼んでいる。