スマートフォン用の表示で見る

ケプラー予想

サイエンス

ケプラー予想

けぷらーよそう

ヨハネス・ケプラーが1611年に提唱した数学界の難問。

「大きさの等しい球をもっとも効率よく三次元空間に詰め込む方法は、果物屋の店先にオレンジが積まれるときの方法と同じである」というもの。

直感的にこの予想は正しいと思えても数学的に証明するのは非常に難しい問題で、1998年に米ピッツバーグ大学のトマス・ヘールズ教授が証明を発表。コンピュータを駆使する事で2014年に証明が裏打ちされた。