スマートフォン用の表示で見る

ケベック旧市街の歴史地区

地理

ケベック旧市街の歴史地区

けべっくきゅうしがいのれきしちく

(英名:Historic District of Old Québec、仏名:Arrondissement historique du Vieux-Québec

1985年に登録された世界遺産文化遺産)で、カナダ東部のケベック州州都ケベックにある「オールド・ケベック?」(Old Quebec)と呼ばれる旧市街地。ケベック州は17世紀の初めにフランス植民地となり、この頃に、ケベックの原形ができあがった。同市は北米唯一の城塞都市として知られている。旧市街は1823〜1832年に築かれた城塞に囲まれた丘の上にあるアッパータウン(オート・ヴィル)と、その丘とセント・ローレンス川の間に広がるロワータウン(バース・ヴィル)に分かれているが、ロワータウンがケベック発祥の地。旧市街には、ノートルダム・デ・ビクトワール教会、アングリカン聖堂ローマ・カトリック大聖堂ローマ・カトリック神学校などがあり、中世フランスの面影を残す町並みや石畳の小道が保存されている。また、アッパータウンの岬の先端には堅固な壁に守られた星形のシタデルと呼ばれる砦がある。