スマートフォン用の表示で見る

ケミカルピーリング

サイエンス

ケミカルピーリング

けみかるぴーりんぐ

酸など皮膚に障害を与える液体を使い、角質や表皮、さらには真皮までをも化学的に溶かし、新しい皮膚の再生を促すことによって、病変を治療したり、より健康で美しい皮膚を取り戻そうとする方法。古代エジプト文明では、クレオパトラ乳酸のお風呂で肌をきれいにしていたといいます。

日本人は色素沈着などの副作用リスクがあり、表皮に限ったピーリングが勧められている。